東京・世田谷区・下北沢の金子ボクシングジムは健康的に痩せるダイエットのエキスパートです

TEL.03-3460-8353

〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-23

スタッフ
 
会 長
金 子 健太郎(かねこけんたろう)

東海大学ボクシング部OB

金子繁治名誉会長の長男。大学卒業と同時に金子ジムのスタッフとなりトレーナーとして選手指導を開始、アマチュア部長を経てマネージャー(兼トレーナー)に就任、2004年(平成18年)会長に就任。
3年連続新人王を育成した経験を持ち、素人同然で入門して来たケビン・パーマーを世界が狙える東洋太平洋王者へと導いた。
また、名トレーナーとして有名な故エディ・タウンゼント氏やロサンジェルスで活躍していた故チャック・ボダック氏からカットマンとしての血止めの技術を含むボクシングトレーナーとしてのノウハウを多く学んでいる。
【尊敬するボクサー】輪島功一、洪秀煥
【好きなボクサー】ベン・ビラフロア
【一言】ボクシングは老弱男女を問わず楽しめるスポーツです。観るのも、戦うのも・・・そしてそれは「人生の縮図」です。ボクサーを目指す人は悔いなく!そうでない人は楽しく!
 
特別コーチ(テクニカルアドバイザー)
洪   秀 煥(ホン・スーワン)

元WBA世界バンタム級チャンピオン
元WBA世界Jr.フェザー級チャンピオン
(現スーパーバンタム級)

韓国を代表するボクサーの一人で、母国では国民的英雄である。
韓国タイトル、東洋タイトルを獲得した後、遠い敵地の南アフリカにてアーノルド・テーラー(南ア)から2度のダウンを奪う快勝でWBAバンタム級タイトルを獲得。その後、当時無敗のアルフォンソ・サモラ(メキシコ)にタイトルを奪われ、再戦でも敗退「洪秀煥の時代は終わった」と思われた。しかし、新設されたJr.フェザー級でチャンピオン決定戦に出場し、またも敵地パナマにて無敗の新鋭、エクトール・カラスキャ(パナマ)から見事な逆転KOで奇跡のタイトル奪取に成功した。韓国初の二階級制覇チャンピオンである。
引退後、有名人であるがゆえプライバシーを求めて米国に在住、その間に金子健太郎会長と運命的な出会いを果たす。
当時は、主に新田勝世のトレーナーとして選手を指導する傍ら、「実戦での経験と綿密な研究から構築した独自のボクシングのノウハウ」を金子兄弟に伝授した。
金子家とは公私にわたり大きな信頼関係にあり、現在もその交流は続く。
 
マネージャー(兼トレーナー)
金 子 賢 司(かねこけんじ)

金子繁治名誉会長の次男。大学卒業後は東京キリスト教青年会(YMCA)に就職し、語学教育、野外活動、地域活動等を担当し青少年指導を通じて社会教育について学ぶ。
4年間勤務した後に円満退職して金子ジムのスタッフとなる。
ボクサー経験ないが、そこは「門前の小僧」ジムで生れ育った中で培われた「観る目」とその熱血指導には定評がある。
実兄、健太郎の会長就任に伴い、マネージャー業も兼務している。
父・繁治、兄・健太郎、そして師匠・洪秀煥の教えに、自らの経験もプラスされ2011年、ついに清水智信を世界チャンピオンに育てた。
これまで、新田勝世、木谷卓也、伊藤俊介、清水智信、大竹秀典等担当した選手をチャンピオンへと導き、その指導手腕を発揮している。
【好きなボクサー】村田英次郎、シュガー・レイ・レナード

【一言】一度きりの人生です!悔いなく!熱く!思いっきり!生きましょう!
 
チーフトレーナー
飯 田 勇 司(いいだゆうじ)

元プロボクサー、金子ジムOB
元帝京八王子高校ボクシング部主将


高校時代はボクシング部主将として活躍し、関東選手権準優勝、国体東京都代表などの実績を残す。卒業と同時に金子ジムの合宿生となりプロ転向。
東日本新人王決勝へと進出するが、惜しくも準優勝に終わる。
ファイティングスピリット旺盛で勇猛果敢な戦いぶりは、常に会場を盛り上げ、当時の「がんばれ元気賞」(リングサイドクラブ賞)を幾度も受賞した。
その後は伸び悩み勝ち星に恵まれなかったが、誠実で努力を惜しまない生活ぶりはジムを代表する好青年であった。
現役引退後、5年間の社会人生活を経て1995年4月、専属トレーナーに就任。
ジムの大黒柱として、入門者からチャンピオンまでを担当し、皆から厚い信頼を得ている。
【好きなボクサー】マービン・ハグラー、カオサイ・ギャラクシー、渡辺二郎
【尊敬する人物】ブルース・リー(格闘技に興味を持ち、ボクシングを始めるきっかけとなった)
【一言】バンバン、パンチを打ってストレス解消!メタボも解消!です。初めての方には丁寧に、プロ希望者には基礎をしっかり、精一杯指導させて頂きますのでご心配なく!

専属トレーナー
スナッピー浅野(すなっぴーあさの)
本名:浅野栄一

元日本Jr・フェザー級チャンピオン
(現スーパーバンタム級、第7代)


「ファイティング原田さんにあこがれてボクシングを始めた」という浅野トレーナー。
あの「永遠の世界チャンピン、大場政夫」に新人王戦で引分(勝者扱い)、第14回全日本フライ級新人王に輝き、第7代日本ジュニアフェザー級チャンピオンにも輝いた。現役時代の戦績は50戦31勝(1KO)11敗8分け
「笹崎ジムで、故笹崎僙先生の育てた最初のチャンピオンが金子繁治さんで、最後のチャンピオンが私です」と笹崎一門であることも含めて「金子ジム」に縁を感じて金子ジムのトレーナーに就任。
「人生最後の仕事は、ボクサーを育てる事」と決めていた。という
温厚かつガッツ溢れる情熱で選手の指導にあたっている。

【一言】元気よく、楽しく練習しよう!
 
トレーナー
岩 本   淳(いわもとじゅん)

看護士


一般練習生として金子ジムに入門しコツコツとトレーニングを続けたが、年齢制限の為プロライセンス取得は断念。しかし、真面目で熱心な態度を買われてトレーナーに転身、看護士という職業の多忙な業務の合間を縫って選手指導に励んでいる。
プロ選手の他、入門した初心者、女性、中高年の会員さんまで幅広く指導し、皆から信頼されている。一人でも多くの会員さんに少しでも多くミットを打たせてあげたい!と体を張ってミットを受けている。
【好きなボクサー】ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(飽くなき闘争心に敬意を表して)
【一言】ボクシング、と言うと未経験の方には敷居が高いイメージがあると思いますが、本格的にボクサーを目指す選手希望者は無論の事、ダイエットやストレス解消など多岐に亘る目的に応じられる素晴らしいスポーツです。少しでも興味があったら是非一度、ジムへお越し下さい。
 
トレーナー
内 海 正 靖(うつみまさやす)

プロボクサーライセンス取得

健康維持(運動不足解消)の為にジムに入門し、コツコツとトレーニングを続けた。JBCルールの改正で、プロテスト受験の年齢制限が30歳未満から33歳未満に緩和された事を受けて一念発起!プロライセンス取得を目指して、32歳で本格的に始動、翌年33歳の誕生日を目前に受験申込み、直後のテストで見事に合格した。
金子ジムにおける「プロテスト合格者の最年長記録保持者」である。
妻子(2児の父)を持つサラリーマンとしても実に誠実で立派な社会人であり、プロライセンス取得後はトレーナーとして主に日曜日担当している。
最近では曜日に関係なく、飯田トレーナーの片腕となって選手指導にあたっている。
【好きなボクサー】ジャッカル丸山
【一言】ボクシングを心から愛しているサラリーマン・おやじ・ボクサーです。飯田さん程ではありませんが、観るのも大好きでビデオを編集しつつ日々ボクシングを研究しております。
会員の皆さん、ご一緒にボクシングを楽しみ、いい汗かきましょう!
 
トレーナー
松 本 伸 宏(まつもとのぶひろ)

元プロボクサー、金子ジムOB
広島大学ボクシング部OB

心身共にしっかりしていて、清水智信のスパーリングパートナー等をしながら着実に実力を付けて行った。しかしながら、B級(6回戦)昇級を前に網膜剥離を疾ってしまい無念の引退となった。
引退後、第二の人生を模索中!そんな中、賢司マネージャーから「手伝って欲しい」と乞われトレーナーを開始。